カーシェアリングの事故による保険と補償比較【大手4社】

自動車保険

「カーシェアリングで事故を起こしてしまった!」

こんな時一番気にかかる内容は、保険内容と補償金額ですよね?

もちろん、カーシェアリングに関わらずマイカーやレンタカーなどでも、同様の事がいえるでしょう。

下記でご紹介する大手4社のカーシェアリングは、保険料が利用料金の中に含まれています。

しかし、各社によって、保険内容や補償金額が違うところもあります。この記事では、それらの比較と、レンタカーとの保険の違いについてまとめていこうと思います。

各社の保険と補償範囲

下記の表はカーシェアリング大手4社の保険内容とその補償金額になります。これらは全てカーシェアリング会社の利用料金の中に含まれています。

スマホの方は、左右にフリックで全社を確認できます。

保険内容タイムズ・カープラスカレコオリックス・カーシェアアースカー
対人補償
(1名につき)
無制限無制限無制限無制限
対物補償
(1事故につき)
無制限
対物免責額0円
無制限
対物免責額0円
無制限
対物免責額0円
無制限
対物免責額0円
車両補償
(1事故につき)
時価額
車両免責額0円
時価額
車両免責額0円
時価額
車両免責額0円
時価額
免責額5万円~30万円(車両グレードによる)
人身傷害補償
(1名につき)
無制限
上限6千万円上限3千万円上限6千万円
搭乗者傷害補償
(1名につき)
なしなしなし上限1千万円
無保険車傷害補償なし2億円なしなし

表だけでは少しわかりにくい部分もあるかと思うので補足していきますね。

具体的な保険内容解説

対人補償

自動車事故によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険で支払われる限度額を超える損害賠償額に対して保険金が支払われる保険であり、自賠責保険を補完する保険といえます。

引用:日本損害保険協会

対人賠償とは上記と定めらています。

ちなみに、自賠責保険とは車やバイクを所有する方には必須の保険であり、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は、死亡で3千万円後遺症で4千万円障害では120万までが上限となっており、それ以上は保険金がおりません。

ですので、別途任意保険に加入する事によって足りない保険金額をカバーしているというわけですね。

マックス
ゼロック、マイカーの自賠責保険料についてなんだが、あれっていつ支払っているんだ?通帳から引かれていないような気がするんだが・・・。
コード・ゼロック
いいとこに気がついたな!自賠責保険は強制保険。車を利用する以上絶対に払わなくてはならない。つまり、購入時と車検時にひかれるようになっているんだ。車検切れでなければ自賠責保険に加入されていると思っておけばよい。

対物補償

契約車両の事故により、相手の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

引用:ソニー損保

対物賠償とは上記と定めらています。

ちなみに、上記表でいう免責額とは保険金が下りない金額をあらわしています。つまり、自己負担しなければいけない金額の事です。

免責額をもう少しわかりやすくいうと・・・

例えば、対物補償が無制限で対物免責額が5万円の保険だったとしましょう。不注意で相手の車に損傷を与えてしまいました。修理代金は8万とのことです。

さて、あなたはいくら自己負担しなければいけないでしょうか?

答えは、5万円です。

対物免責額が5万円なので、5万円が自己負担となり、残りの3万円は保険金がおりるということなのです。

ここで本題に戻りますが、上記カーシェアリング会社は対物免責額が0円となっていますよね。つまり、このケースでいうと、全額保険金がおりるということになるのです。

免責額が0円に近付けば近づくほど、保険会社は保険金を支払う金額が増えますから、比例して保険料が高くなっていきます。

カーシェアリング会社は利用者の万一に備えて、こういった高い保険料を支払っているのです。ちなみに、この免責額をレンタカーと比較してみると、その違いが明らかにわかります。

レンタカーとの免責額の違い

レンタカーは対物補償の免責額は5万円に設定されているのが一般的です。レンタカーの際には、任意で免責補償制度というものを設けており、1日あたり1,000円~2,000円ぐらい支払うことで、この免責額を保障するといったサービスになっています。

もちろん、それに応じた手続きもしなくてはなりません。

つまり、カーシェアリングの補償は手続きなしにも関わらず、レンタカーと比較して優れた保険を用意しているという事がわかります。

車両補償

車両保険は、自分の車の修理費等を補償する保険です。 例えばこんな場合に、保険金額を限度に保険金が支払われます。 大きな事故で修理ができない場合は、車を買替える費用として保険金を充てることができます。

引用:ソニー損保

対物補償との違いは、自分の車の修理費に充てられるということですね。上記カーシェアリング会社のタイムズカープラス、カレコ、オリックス・カーシェアは、車両補償無制限の対物免責額0円です。

ポイントは、アースカーのに免責額が車両グレードによって5万円~30円のあいだで設定されていることです。アースカーは、他のカーシェアリング会社と違いポルシェやBMW、ベンツなどの多くの高級車を取り揃えているカーシェアリング会社です。

高級車を多く取り揃えているため、当然、万一の修理費用は高くなります。つまり、他のカーシェアリング会社よりも、それこそ高い保険に入らざるをえないというわけないんですね。

利用者にとっては、免責額0円が一番いいのは理想的ではあるのですが、高級車に乗車できるメリットを考えると、これぐらいの補償であれば充分といってもいいでしょう。

人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違い

人身傷害補償と搭乗者傷害補償は、仕組みが似ているので混合される方が多いです。どちらも、ご自身、または、搭乗者のケガや死亡、後遺症を被った際に保険金がおりる仕組みではあるのですが、その補償の計算金額が違うのです。

人身傷害補償は、治療費や精神的損害などの実際の損害額に対してのお支払いに対して、搭乗者傷害補償は、入院や通院日数に応じてあらかじめきめられた金額のお支払いをするといったものです。

参考サイト:おとなの自動車保険

ポイントとしては、保険金がいつ支払われるのかです。

人身傷害補償の際には、治療費の損害額になりますので、保険金の支払いは治療後です。逆に、搭乗者保険は入院日数によって算定されますので、治療中にでもお支払いする事ができるのです。

ここで本題に戻りますが、アースカーは搭乗者傷害もついていますので、簡潔にいうと治療中にも保険金がおりるので、当座の出費が多い方にはおすすめということもいえるでしょう。

無保険障害特約

対人賠償保険などがついていない無保険自動車との事故により、ご契約のお車に搭乗中の方が死亡または後遺障害を被った場合で、加害者から十分な補償を受けられないときに、相手方が、法律上負担すべきものと認められる損害賠償責任の額について、1名につき2億円を限度として保険金をお支払いします。

引用:アクサダイレクト

自賠責がきれている車や、任意保険を入っていない車などと衝突してしまった際に、加害者から充分な補償も受けることができない。こういった最悪のケースも考えられます。

カレコでは、こういった最悪のケースにも備えて、無保険車障害補償をつけています。

まとめ

この記事では、大手カーシェアリング会社の保険内容とその補償について比較していきましたが、いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社を比較する際に、保険内容や補償については意外と軽視されやすい項目です。その理由は、保険商品は専門用語が多くて、一般の人には伝わりづらいからだと思っています。

そのような事もあり、この記事では解説を交えながらわかりやすくまとめてみました。

また、この記事では保険や補償内容についてまとめていきましたが、下記記事では、ステーション、料金、車種、さらには総合的にもまとめています。是非、参考にしてみてください。

カーシェアリング会社比較目次一覧

カーシェアリングのおすすめはこちら!【大手4社徹底比較】

Sponsored Link